脊柱管狭窄症って脊髄の病気? 本当は筋肉の病なのだ

足腰が重く、長時間ウォーキングしていると足先が痺れる。

以前はなんともなかったのに最近になって感じるようになった。

そこで医師の診断を受ける。

結果は脊柱管狭窄症と告げられて、聞き覚えの無い病名にビックリする人が多い。

一般的なヘルニアなら理解できるが、それとは別物なのだ。

簡単に説明すると、脊柱管狭窄症とは骨ではなく筋肉に起因するものです。

一種の職業病でもあり、肉体労働者やディスクワークで椅子に座りっぱなしなど長時間同じ姿勢で作業する人に発症率が高い。

年齢的にも働き盛りの50才から生涯現役で活躍している80才位の男子に多くみられる。

放置すると痺れだけならいいが痛みを伴うようになる。

原因としては、背骨には無数の神経が束になって通っているが、その束が圧迫され、文字通り脊柱管狭窄症として現れる。

多くの人は経験上単なる疲労又はコリのためだろうと放置するが、改善が見られないなら専門医の診察を受けリハビリを続ければほぼ完治する病なのだ。

脊柱管狭窄症は骨ではなく筋肉に起因するといってもなぜと思う人がいる。

実は背骨本体の異常ではなく、永年たまった疲労の蓄積で背骨を支える筋肉組織が弱体化したため、本来は真直ぐしている背骨が支えを失い湾曲してしまう現象なのだ。

ここがヘルニアなどと違う点で、曲がった背骨の配列を元の状態に戻すことで、神経の束が圧迫を逃れることになる。

水道のホースを例にとると、水撒きの最中、ホースを引っ張った拍子に一部が折れ曲がり水の出が悪くなることがある。

脊柱管狭窄症とは正にこの現象なのだ。

折れ曲ったホースを元に戻し、或いは、素材の強固なものに取り替えることにより水の通りがよくなる。

要するに、神経の束を水に置き換えてみるとよく合点がゆく。

つまり水の通る管の面積を広くすることで解消される病というわけで、脊柱管狭窄症などという大げさな名前ではあるが実態は折れ曲った水撒きホースと同じこと。

それ故、大手術など連想しなくてもよいものなのだ。

尚この症状の詳細はココで確認すると良い。

脊柱管狭窄症について確認する